FC2ブログ

葉 ひとつだけ

葉 ひとつだけ

雑誌「学研大人の科学」の二眼レフカメラで写しました。

他の葉は青々としているのに、なぜかこの一枚だけ
随分目立っていました。



ところでこれを見つけて写しておこうとカメラを取り出して
ファインダーを開いてフィルムを巻いて構図とピントを決めて
よしっ、シャッター切るぞ!と思ったら、風が。

この大きな葉っぱが、ゆらゆら揺れ始めてしまったんですね。

で、その風が収まるまで暫くの間、両手に持った二眼レフカメラ
をヘソの下あたりに構えて下を向いたままでいましたからね

傍目にはちょっと怪しいヤツだったりして? (^^;




テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

お米

お米

雑誌「学研大人の科学」の二眼レフカメラで写しました。

ご飯が炊きあがる頃に漂うあの香り、
いいものですよねえ。

それが新米だったりするとまた格別のような。

その新米ですが、やっぱり美味しいですね。
「おかずが要らない」は本当ですよね。
始めの一口だけのつもりが、ついうっかり茶碗の半分も
おかず無しで食べていたりしてね。(^^ゞ



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

噴き出す水

噴き出す水a


噴き出す水b

雑誌「学研大人の科学」付録の二眼レフカメラで写しました。

これは公園にある小さな噴水です。

この絶えず吹き出している水を実際に眺めている分には
特別、なんてこともないような印象なのですが
それを映像でなく一枚の写真にしてみると
その噴き出している水がまるで複数の人物のように見えて
みたりするから不思議。

その一瞬を切り取るという写真ならではの世界ですよね。



でもやっぱり私、ひまなのでしょうか。 (^^ゞ



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

踏切の信号機

踏切の信号機

Diana MINIで写しました。

鉄道のこういう信号機が点滅していると
それがなんとなく人の顔を模したロボットの
ように見えてしまうんですよね。

ひま過ぎるのでしょうか。(^^ゞ




テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

夏の抜け殻

夏の抜け殻

雑誌「学研大人の科学」の二眼レフカメラで写しました。


木の枝にしがみつく蝉の脱け殻。
九月もそろそろ終わるという頃に見つけました。

蝉の鳴き声が消えて久しくなっていて、しかも大粒の
雨が何度か降り掛かったこともあったはずなのに
よくもまあ落ちもせずに残っていたものです。




"絵"としては葉が色づくまで待ちたいところでしたが
先のことは分からないし、とにかくその場で撮影して
おいたら案の定、

数日後にはその木は枝払いされていて抜け殻も
もうありませんでした。


シャッターチャンスも、待ってくれない
"一期一会"なんですね。




テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

窓ガラス

窓ガラス

HOLGA 135で写しました。

窓ガラスの歪み具合が時代を偲ばせてくれますね。
これは一般的な住宅くらいのこじんまりとした佇まい
の道場の窓です。


そこで目撃したのは居合い抜きや長刀の形といった
武術の世界。

聞こえてくるのは正に鋭く気合いの入ったかけ声。


もしも面と向かってそんな気合いを掛けられたなら
もうそれだけでビビって打ち砕かれてしまいそう。

凄みが違うし。(^^;



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

秋の黄色と緑2013

黄色と緑2013

Wide Lens Cameraのclover sanで写しました。

寒さで色づいた葉を太陽が輝かせていました。

日差しを透過させた紅葉って、奇麗ですよねえ。
その美しさをトイカメラでも写し取ってみたいと
機会ある度に試しています。でも難しいですね。
なんども失敗しています。

でも全然懲りていません。(^^ゞ


日差しを透過させた紅葉の美しさは学研の
二眼レフでも写し取ってみたいんですよね。
ただでさえ学研の二眼レフは失敗が多いけど。(^^;




テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

キンモクセイ

キンモクセイ

雑誌「学研大人の科学」の二眼レフカメラで写しました。

キンモクセイといえば、香りはすれど姿は見えず
といった印象もあるくらいにかなり広い範囲にまで
その佳き香りが漂ってきますよね。

でこれ、キンモクセイだと思うのですが私、花に詳しく
ないのでして、さらには例の"金木犀の佳き香り"が
全くしなかったので、「これ、だよね?」などと
ちょっと不安な気分でシャッターを切ったのでした。(^^ゞ




テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

秋の黄昏時に

秋の黄昏時に

雑誌「学研大人の科学」の二眼レフカメラで写しました。

秋の日暮れどきに住宅街を散策していると
ありがちなのが松茸らしき炊き込み御飯を炊く薫りとか
秋刀魚を焼く、あの薫り。

この時期に秋刀魚の塩焼きときたら猫じゃなくても
その薫りの元をたどってみたくなりますよね。




テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真