FC2ブログ

街 夜の歩道

街 夜の歩道

HOLGA 135で写しました。

なにかと忙しくなっているのが年末ですが
クリスマスのイベントが終わった頃には
繁華街でも住宅街でも何となく静かな落ち着いた
雰囲気が漂ってきているような気がします。

家の用事が多過ぎて外出もままならなくなって
いる、なんてこともあるかもしれませんが。(^^;



今年もいよいよ終わるのですね。

どうぞ、よいお年を!




テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

左右確認

左右確認

雑誌「学研大人の科学」の二眼レフカメラで写しました。

まあその、右を見たら左も見ないとね。
世の中広いんだし。


しかし右を見たらそのまた更に右を見てを繰り返して
ずうっと右を見ていったら一周して左側も見ることと
なりますか。

でもそれはあまりにもヒマが過ぎるでしょうねしかし。
(^^ゞ



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

白いビル 日のあたるビル

白いビル 日のあたるビル

Diana MINIで写しました。

雲ひとつなく、スッキリと晴れた冬の空に
そびえ立つ白いビルは午後の日差しを浴びて
なおいっそう白く輝いて見えて


よけいに寒く感じましたよ、冬だし。(^^;




テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

誰も居ないベンチ

誰も居ないベンチ

HOLGA 135で写しました。

なじみの公園にある見慣れたベンチでして
一旦通り過ぎたものの、そのベンチが妙に光って
見えたので引き返して撮影してみたくなったのでした。

夏は桜の葉で木陰となって居心地のいいベンチですが
撮影したのは初秋の午後で、誰も座っていませんね。
日当りのいい方は満席なんですけどね。


このベンチも紅葉が散って日当りが良くなったら
"早い者勝ち"でしょうけどね。(^^



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

妄想の噴水

妄想の噴水

HOLGA 135で写しました。

これは、とある公園の小さな噴水です。

以前にも雑誌「学研大人の科学」の二眼レフカメラで
撮影して投稿させていただきました、その噴水ですが
噴き出す水が写す度に違う姿を見せてくれることから
もういちど撮影してみたくなりまして。(^^ゞ


これまた複数の人物のように見えなくもなく。
例えば右から2つ目に噴き出している水は見ように
よってはロングヘアーで中世ヨーロッパ風ドレス
姿の女性のようであったり、左端の水柱はロング
スカートでエプロンをした女性が向こう向きに少し
腰を屈めて何かしている姿のようにも。

で更に眺めているとまた違ったもののようにも。

こういう妄想が湧くというのも、やっぱりほんとに
ヒマだからでしょうか? (^^ゞ



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

止まれ

止まれ

雑誌「学研大人の科学」付録の二眼レフカメラで写しました。

たまには立ち止まってみるのもいいですよね。

間違った方向に向かっていたなら
それに気づくことが出来るかもしれないし

カメラを手にしていたなら
あらためて辺りを見回すことが出来て
思いもしなかった良い被写体を発見出来るかもしれないし

足下見たら10円くらい落ちてるかもしれないし。(^^ゞ




テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

天気が良い日のビニール傘

天気が良い日のビニール傘

Wide Lens Cameraのclover sanで写しました。


電信柱の傘立てですか。

うまいこと考えたものですよね。
粗大ゴミの不法投棄には見えませんよ、ねえ、、、


これは求肥入りの最中が食べたくなった時に通る
道路で見かけたものして、私がこの傘に気がついたのは
実は何ヶ月も前のことなんです。


ずうっとこのまんまなんですよね。

もしかして傘はこの電信柱の持ち物だったりして
雨の日にこの電信柱が傘をさしていたりしたら
メルヘンですよねえ。



とか言い出す私の頭の中がちょっと心配だったりして。(^^;



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

紅葉のある風景

紅葉のある風景

Wide Lens Cameraのclover sanで写しました。

こういう紅葉が散ってくると、いよいよ冬ですか。


ちなみに寒いのと暑いのと、そのどちらがマシかと
問われれば、私は寒い方を選びたいですね。

暑さというものは着ているもの全部を脱ぎ捨てても
まだ暑いのに対して、寒さならただ厚着重ね着を
するだけでかなり凌げるし、寒い冬ならではの
美味しいものもいろいろあるじゃないですか。

美味しいもの食べ過ぎて太ってしまっても
「着膨れかなぁ?」とかでゴマかせそうだし。(^^;




テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

プラスチックの鎖

プラスチックの鎖

雑誌「学研大人の科学」の二眼レフカメラで写しました。


これは空き家の駐車場を閉鎖しているプラスチック
製の鎖です。

近所に用があって来た人たちの便利な駐車場として
利用されてきたところを家主さんが「やめてよね」
という意思表示をしたといったところでしょうか。

こんな風に縛ってあっても、実は右端の止め方が
テキトーなので簡単に外せるのです。

これで充分というところが平和で良いですよね。(^^



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真