FC2ブログ

昭和の忘れ物

使われなくなった古井戸

雑誌「学研大人の科学」の二眼レフカメラで写しました。


昭和の頃にはこの辺りの大地主であったと思われる農家の
屋敷の敷地内には今や使われなくなった井戸らしきものが
残っていました。

肥だめではないはずです、匂わなかったし。(^^;


昭和の昔には、田畑のあるところでは
肥だめも井戸もよくみかけたものですよね。

で、そこに落ちてしまった人もいたようで
井戸も危険でしょうが

肥だめ落ちは格別にキツそうですね。(^^;



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

梅雨時の花

梅雨時の花

HOLGA 135で写しました。


紫陽花の花たちが咲き誇る中で
こんな花も奇麗に咲いていました。

これを撮影したのは雨が上がった後で湿度が高く
うっとうしい印象でしたが、同じ湿気でもこんな
草花に囲まれた世界では心地良かったりするから
不思議ですね。



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

梅雨時の彩り

梅雨時の色 紫陽花

HOLGA 135で写しました。

紫陽花は人気があるようで梅雨時となると
そこかしこに咲いているんですね。

で、それが長く咲き続けてくれているだけでなく
同じ花でも色が変化するから面白いですね。

それは雨の影響もあるようなので降ったり止んだりする
度に紫陽花を見に行きたくなってしまいます。



ひま? (^^;



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

紫色の花

紫色の花 桔梗

雑誌「学研大人の科学」の二眼レフカメラで写しました。


こ、これは桔梗の花、ですよね? (^^ゞ

これは住宅の外壁と道路の間に設けられた
小さな花壇に咲いていました。



毎年この時期に咲くので学研の二眼レフカメラを
手に入れて以来、毎年撮影させてもらっています。

が、

良い感じで撮れたと思ったらフィルムに擦り傷が
ついてしまって昭和レトロ風なことになっていた
こともありました。


で、その擦り傷ですが、私のカメラだけでしょうか
24枚撮りフィルムを使うと巻きが異様に重くなって
しまうのです。

それを力ずくで巻いていたら傷だらけとなって
しまったと、そういうことのようです。

それも36枚撮りフィルムならさほど重くならないし
巻き取り側と巻き戻し側の両方のダイヤルを同時に
操ってフィルムを巻けば擦り傷問題も解消出来るの
ですね。めんどくさいけど。


それにしても

厄介であったりメンドクサイながらもこのカメラは
もっともらしく写っただけでも嬉しくなってしまうし
楽しめるカメラですよね。


ちなみに
このカメラは今でも未だに新品で手に入るようですね。
ほんと、ロングセラーですね。(^^



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

夜も明るく

夜も明るく 夜のマンション

HOLGA 135で写しました。

バルブモード撮影でしたが、シャッターの解放時間を
ちょっと長めにしてみたら、ちょっと派手な印象に
なったような?

もしかしてシャッターの解放時間をもっと長くしたら
光の花束のような面白い絵になったりするのかな?
などと、それも試してみたい気持ちもあるのですが


でも肝心の撮影場所を覚えていないんですね。(^^;ゞ




テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

暗い夜道

暗い夜道

HOLGA 135で写しました。


「よおし、今日こそ定時で帰れるぞ!
 明るいうちに帰れるぞお!」

と喜んだのが終業時間の五分前。

それが一本の電話で
バスの最終便で帰ることに。

でバスを降りたら真っ暗な夜道を独りトボトボと。



なんてね。(^^;



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

雑草魂

空き地のアスファルトに生えた雑草

HOLGA 135で写しました。

ほんと雑草って、逞しいですね。
あの硬いアスファルトでもコンクリートでも
ちょっとでも隙間があればそこから顔を出して
すくすくと育っていきますよね。勝手にね。

しかも、刈り取っても引き抜いても
また生えてきますよね。凄い生命力ですね。



どうせ生えてくるならネギやホウレンソウとか
そうだ、プチトマトとか生えてこないかなあ。(^^ゞ



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

風に波立つ

風に波立つ水田

プラモデルカメラで写しました。


これは海でないのはもちろん、川でも池でもなく
田んぼです。

大雨が降るとありがちな光景とはいえこれは
カヌー遊びが出来そうな水深がありましたからね
波の立ち方も違いますよね。


今年も雨の季節となりますが、災害になるような
土砂降り雨は勘弁してもらいたいですね。(^^;




テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

和菓子の紫陽花も食べたいけれど

薄紅色に咲く紫陽花

雑誌「学研大人の科学」付録の二眼レフカメラで写しました。


和菓子の季節感というものも、いいものですよね。

六月には紫陽花がいいですね。

なかでも白あんを丸めたその上を小さく立方体にした
錦玉寒を花にみたてて飾った和菓子がまた瑞々しくて
綺麗で凄く良いなあと思うのですよ。

それ食べたいのですが、近所の和菓子屋さんでは
作ってくれないんですよねえ、、、


錦玉寒の紫陽花はもちろん、干菓子や練りきりなど
ネットで調べると沢山あるのになあ、、、




テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真