FC2ブログ

灯り

暗闇に仄かな窓の灯り

HOLGA 135で写しました。


真っ暗のなかに仄かに灯る窓の明かり

のような絵にしてみたいなと思って試してみたのです。
それがなんと、ほぼ期待通りの仕上がりとなっていて
驚いてしまったのがこの写真です。


なにせHOLGA135ときたら柔らかな写りだけでなく
思い通りにならないのが楽しいカメラですから。(^^



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

秋桜の花

秋桜の花

雑誌「学研大人の科学」の二眼レフカメラで写しました。

秋にはやっぱりこの花を見たいですね。


その細く長く伸びた茎と葉は秋の風に揺れると
ほのかに霞んで見えて、可憐に咲く花はその上に
ふんわり浮いているかのようで幻想的、、、



って、眼精疲労かな? (^^;ゞ


テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

コスモスが咲き始めた

コスモスが咲き始めた

Wide Lens Cameraのclover sanで写しました。

辺り一面がコスモスの花で溢れている風情も良いけれど

それがまばらに、ぽつぽつと咲き始めている情景も
秋の始まりを見た感動や期待感があって
なかなか良いものだと思います。


テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

彼岸花

田んぼ脇に咲く彼岸花

雑誌「学研大人の科学」の二眼レフカメラで写しました。

秋が始まったあたりでよく見かける花ですよね。
彼岸花または曼珠沙華と呼ぶのですね。


この花をみると何故か線香花火を連想するだけでなく
この時期に食べるあれは、ぼたもちとおはぎのどっち
だったかな? なんてね。(^^ゞ


テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

秋の色 日差しの紅葉

秋の色 日差しを通した紅葉

雑誌「学研大人の科学」の二眼レフカメラで写しました。

秋の午後は日が傾くのが早いじゃないですか。

そのお陰でこの時、胸の高さくらいのところにある
色づいた葉がその日差しで素晴らしく輝いていたのです。

「これはいいぞ!」と学研の二眼レフカメラで撮影して
みたらなんと、それが妙に暗く枯れ葉のようになって
いたんですね。悔しいからMac OSXのプレビューで
カラー調整してその時の色を再現してしまいました。


デジタル化するとなんでもアリで便利ですよね。(^^ゞ




テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

秋の図 3 秋の色

秋の図 3 秋の色

HOLGA 120Nで写しました。

秋もその青空が素晴らしいと思うのですが
そうそう晴れてはくれないわけで

で、しかたなく曇り空の下でシャッターを切ってみたり。


それがしかし、秋の草木の落ち着きのある色調は
薄曇りの背景との相性が案外良い、ような? (^^ゞ



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

秋の図 2

秋の図 2 秋の公園

HOLGA 120Nで写しました。

HOLGAはソフトフォーカスと評されますが
要はピントが合わないということだったりして?

レンズだってプラスチック製ということで
薄くフィルターが掛かっているようなものだし
鮮明な高画質を期待してはいけませんよね。(^^;

しかしそのやんわりとボケた感じが
なんてこともないはずの光景に魅力を持たせて
くれる可能性があるから面白いですね。


なにせ制御不能とも言われているHOLGAだから
結果の方は運を天に任せるしかないのでしょうけど。
(^^;


テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

秋の図

秋の図 秋の公園

HOLGA 120Nで写しました。

秋という季節は美しいものであふれるから
美術芸術を楽しむ人たちにとって忙しい季節
となるのでしょうね。


私だって忙しくなるんですよ。

美味しい栗蒸し羊羹やモンブランを求めて
市内をママチャリで走り回るのでして。(^^ゞ



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

木造

木造の家

HOLGA 135で写しました。


災害に強いのは鉄筋コンクリートでしょうけれど
住んで快適なのはやっぱり木造の方でしょうね。


我が家は鉄筋コンクリートなのでして
この夏の暑さでつくづくそう思いましたよ。

それが断熱材の無い鉄筋コンクリートなので
真夏の日差しに焼かれたコンクリートは朝まで
その暑さをしっかり保温してくれるのでして。(^^;



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真