FC2ブログ

タチアオイ

タチアオイ

雑誌「学研大人の科学」付録の二眼レフカメラで写しました。

タチアオイの花も初夏の風物詩ではないでしょうか。

天に向かって伸びるその高さは2mを超えたりするのですね。
で、この花は電車の線路沿いに沢山植えられていたので
花咲くその光景はまるで花のフェンスのようでした。



でもその時持っていたカメラが50cmまで寄ることが
出来る学研大人の科学の二眼レフだったので
ここでは近くからの一輪だけに集中してみました。


って、なんか違ったような? (^^ゞ



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

梅雨時の花015 大玉

梅雨時の花015 大玉

雑誌「学研大人の科学」付録の二眼レフカメラで写しました。

紫陽花にも色々あるようで
この花は直径にして20cmを超えていたような。



花を写す場合にはこのように背景を暗くして
花を浮き出させる手法もいいものですね、、、

とかいって、ほとんど偶然の産物なんですよね

このカメラの場合。


でもまあ、それが面白いカメラではありますよね。(^^


テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

白い花015

白い花015

雑誌「学研大人の科学」付録の二眼レフカメラで写しました。


雨が上がった後の湿った空気の中で
この花は瑞々しく活き活きとしていました。

雨も必要なのですね。


でもまとめてドバァッと降るのは勘弁して
欲しいものです。(^^;


テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

梅雨時の花014

梅雨時の花014 紫陽花

雑誌「学研大人の科学」付録の二眼レフカメラで写しました。


画像の四隅が光量不足で暗くなるという
"トンネル効果"はテーマを絞り込みたい場合にも
具合の良い現象ですね。

今時のデジカメときたら当たり前のように
くっきり鮮やかに写し取れるうえに
様々な撮影モードで演出することも出来て

このようなトンネル効果を加えることも
出来たりするのですね。

素晴らしい!


でも学研二眼レフの場合は加工などしなくても
元からトンネル効果風になる こともある
という面白いカメラなのですね。


このようにしか出来ないともいえるけど (^^;



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

赤信号

赤信号

HOLGA 135で写しました。

フィルムはコダックのISO400のカラーで
HOLGA 135の絞り?は曇りモードです。


それをわざわざ太陽に向けたことから
絶妙?に明る過ぎることとなったのでしょうか

色彩が飛んでしまって
まるでモノクロのパートカラーですね。


この結果は意図したものではないし
普通なら失敗写真としてガッカリものなのに

それが嬉しくなってしまうというところが
HOLGAの世界ですか。(^皿^)

テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

コンクリートの隙間

コンクリートの隙間に咲く紫陽花

雑誌「学研大人の科学」の二眼レフカメラで写しました。


コンクリートの壁沿いの、猫の肩幅ほどに狭く
細長い隙間に花が咲いていました。


冷たく硬いコンクリートに囲まれた無機質な世界でも
花があると心が和みますよね。


テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

梅雨時の華

梅雨時の華 雨に濡れた紫陽花

雑誌「学研大人の科学」付録の二眼レフカメラで写しました。


紫陽花が咲き始めたかと思ったら
梅雨入りですか。



梅雨入り宣言が出たら
その翌日には晴天ときたし
まさか集中豪雨の梅雨となるのでしようか? (^^;



ま、それはともかく、そぼ降る雨に濡れた
紫陽花の姿は蒸し暑く鬱陶しい梅雨時にあっても
これは魅力的で嬉しい風情ですね。



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

紫陽花の季節が ll

咲き始めた紫陽花の初々しい姿

雑誌「学研大人の科学」付録の二眼レフカメラで写しました。


咲き始めたばかりの紫陽花の
その初々しさもまたいいものですね。




ところで、この「学研大人の科学」の二眼レフカメラは
レンズを引き出した近距離撮影である程にトンネル効果
の効いた仕上がりとなり易いようですが

それにしてもこれは極端ですね。(^^



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

紫陽花の季節が

紫陽花の季節 紫陽花咲き始めた

雑誌「学研大人の科学」付録の二眼レフカメラで写しました。


今年も紫陽花が咲き始めましたか。

そういえば、去年は紫陽花を模した錦玉寒を
食べ損なってしまったような。


今年は意地でも探し出して食べてやろうかな。(^皿^)


テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真