FC2ブログ

秋のひとこま

秋のひとこま 紅葉のある風景

Ultra Wide and Slim Cameraのclover san
で写しました。


ここは山奥の日帰り温泉施設内の駐車場です。

春と秋には観光客で賑わいます。

秋には運が良ければこの駐車場内で桜の見事な
紅葉を見ることが出来ます。



この日も駐車場を増設してもなお
ほとんど満車状態という盛況ぶりでした。

そのわりにこの写真に人が少ないのは
それは寒かったからなのでしょうね。

外で寒い思いしているよりも屋内で温泉に
入ったり暖かいおでんを食べますよね。(^^;



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

秋の午後

秋の午後の日差し

Ultra Wide and Slim Cameraのclover san
で写しました。

秋の午後は日差しが眩しいですよね。
西に向かうと午後の二時を過ぎたあたりから
もう眩しくて先が見えないし。

サングラス掛けるかツバの広い帽子などを
被った方が良いかもしれませんよね。



で、このカメラを手にするとそんな日差しに
向かってシャッターを切ってみたくなるから
不思議。(^^ゞ

テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

秋の彩りll

秋の彩りll 夕日と紅葉

Ultra Wide and Slim Cameraのclover san
で写しました。


さすがにもう秋というよりも冬と言った方が
似合っているような寒さが来ていますが

それでもまだまだ紅葉が残っているところも
あるし、紅葉と温泉がセットになっている
ような地域では寒さが増した今でも観光客で
にぎわっているようですね。

「ようですね」って、つまり人ごみや交通渋滞
が苦手な私はそのような地域は敬遠しがちなの
でして。(^^ゞ


そんなわけで紅葉の賑わいが治まったら
枯れ枝でも見に行くとしましょうかね。

枯れ葉を数枚残した樹木という風情も
なかなかいいんじゃないかと思うし。(^皿^;


テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

秋の彩り

秋の彩り 紅葉

Ultra Wide and Slim Cameraのclover san
で写しました。


日没前の日差しを通した紅葉の美しさにも
素晴らしいものがありますよね。


ぜひともそこのところをカメラに
写し取ってみたいと思うわけですが

その写り具合をその場で確認出来ないのが
銀塩フィルムのトイカメラなんですね。

でもこのカメラなら手軽な操作と36枚取り
フィルムで無邪気に撮影出来るから

数打ちゃ当たるかも?的な手法で
何枚も頑張ってみることもあるんですね。



大概がフィルムの無駄遣いとなるんですね。(^^ゞ



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

桜の秋

桜の秋 紅葉した桜

Ultra Wide and Slim Cameraのclover san
で写しました。


とても美しい紅葉を見つけて

で、撮影のためにと近寄ってみたら
それほどでもなくて
でも念のため元の位置に戻ってみると
やっぱり美しい、なんてこともあるけど

トイカメラの事情からすると
撮影するなら近くに寄る必要があるので
困ってしまうこともたまに。 (^^;


テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

絵画のような秋

絵画のような秋

Ultra Wide and Slim Cameraのclover sanで写しました。


これ、なんかこう、油彩画のような?

「あ、いいな」と思ってシャッターを
切ってみたら偶然こうなっていたのでした。

ネガフィルムからスキャンしたそのまま
のものでカラー調整はしてありません。


なにせカメラが調整機能というものが無い
オモチャですから、これは偶然です。 (^^ゞ


でもこのカメラは無邪気に楽しめるんですよね。


テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

秋の趣

秋の趣

雑誌「学研大人の科学」の二眼レフカメラで写しました。


これを「あ、枯れ葉だあ」とみるか
「秋のいろづき」とみるか。


微妙な感じではあっても
ささやかであっても

やっぱり季節ごとの趣は大切に楽しむのが
幸せというものだったりして? (^^ゞ



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

雨が上がりの秋

雨が上がりの秋

雑誌「学研大人の科学」付録の二眼レフカメラで写しました。


秋。

土砂降り雨が上がったなら
次ぎに広がる青空は見事なくらいに
スッキリと美しく。

そして大きな木の下には
紅葉した落ち葉が広がり日差しに輝く。


秋の風情ですよね。




これ、その青空がまともに写っていないけど。
(^^;


テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真