FC2ブログ

町かどにて

町かど

雑誌「学研大人の科学」付録の二眼レフカメラ
で写しました。



今日知ったのですが(^^ゞ 

なんと学研大人の科学の「二眼レフカメラ」が

大人の科学マガジン 名作ふろく復刻シリーズ第2弾
として再登場するようですね。

学研二眼レフカメラ

発売は単行本として2019年6月11日を予定していて
価格は¥3,218だそうで。

今回オリジナルをそのまま復刻するのではなく

付録の二眼レフカメラは組立キットですが
組立が少々厄介なシャッター機構は
組立済としてあるそうで

さらには

特製マニュアル「二眼レフはじめます! 」付き
だそうですね。


嬉しい企画ですよね。




テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

生きていく

生きていく

Ultra Wide and Slim Cameraのclover san
で写しました。

虫食いの被害にでも遭ったのでしょうか
大鉈を振るわれた木でした。

ここまで切りとられても
復活の可能性があるのが草木の
凄いところですよね。



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

青空と建物

青空と建物

Ultra Wide and Slim Cameraのclover san
で写しました。


飲食店や事務所が入っている建物の裏側です。

この建物の表側にはインド料理系の飲食店も
入居しているのですが、今時はいわゆる本場の
そういう類いの飲食店が増えていますよね。


つまり、儲かるってか? (^^



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

なごり

なごり

Ultra Wide and Slim Cameraのclover san
で写しました。



これは農業用水として用意した井戸であった
ようですが無理矢理な感じで塞がれていました。

肥溜めではないはずです、匂わないし。(^^;


今ではすっかり住宅街となっていますが
この辺りも数十年前には殆どが田んぼと畑で
あったわけで、これはそのなごりですね。

ここも撮影後には住宅が建っています。


昔というものは消えていくのですね。



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

街の風景

街の風景

Ultra Wide and Slim Cameraのclover san
で写しました。


休日が終わる夕暮れ近くの街中には
「また明日から仕事かあ、、、」
みたいな寂しげな雰囲気が漂っている
ような気がするんですよね。

そこで夕焼けが奇麗であったりした場合

その美しさで気が紛れるか
それとも余計に悲しくなるのか


さあどっちでしょ? (^^;



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

青空の橋

青空の橋

Ultra Wide and Slim Cameraのclover san
で写しました。

やっぱり青空って良いものですね。


ところでこのトイカメラですが

殆どプラスチック製の部品で構成されている
というまあなんとも見るからにも手にしてみても
思いっきりオモチャなカメラなんですよね。

なのにこのカメラ、

これまでいったい何本のフィルムを使ってきた
ことでしょう、でもまだまだ使えそうですよ?

案外、耐久性はあるような?


とにかく速攻で写し取りたいとか
なんにも考えないで只気持ちだけで
シャッターを切って楽しみたい時に
このカメラが良いですね。(^^



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

秋の記憶

秋の記憶

Ultra Wide and Slim Cameraの
clover sanで写しました。


それは二月のこと。

枯れた草原の中で異様に高く伸びた
セイタカアワダチソウとその先に見える
枯れ葉を残した樹木。

前年の秋に見た光景が枯れた姿で
残っていました。



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

二月の遊歩道

二月の遊歩道

Ultra Wide and Slim Cameraのclover san
で写しました。


二月の午後、遊歩道は
影が長く伸びていました。

一年で一番冷え込む二月も過ぎて
いよいよ春が来る!とか喜びたいところ
ではありますが、三寒四温とかいう
言葉もあるじゃないですか。


まだまだ油断なりませんよねえ,,,(^^;


テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

桜 お楽しみはこれから

お楽しみはこれからの桜

Ultra Wide and Slim Cameraのclover san
で写しました


春の風物詩といいましょうか
春は桜の開花が楽しみですよね。


でも桜は綺麗に咲いたら
次は早々と散っていってしまうわけで

その姿には物悲しさを感じてしまうし。


となると


これから咲くぞお!という蕾の頃の方が
期待と楽しみしかないわけで

そう思う分にはこういう風景も
案外素晴らしいような? (^皿^)



テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真